FC2ブログ

2019年ブリードも着々と進行中

今年もペアリングは終盤戦まで辿り着きました。
ここまで来るともう後は幼虫飼育のことです。

2019年ブリードも主要菌糸はオアシスとKSP。
菌糸の銘柄、1本目~3本目までのサイズ選定については変更なしです。

運用については羽化を目標に3本目で欲しい感じの幼虫が得ることを前提とします。
3本目交換時点での幼虫の出来栄えについてオアシスもKSPも関係ないと思います。
例年、どうしても出来栄えというか雰囲気に違いが出てしまうのは改善してみようかなと。
どの点で改善するかというとやはり1本目と2本目の運用。

オアシスは1本目で頭部を大きくすることを目標とします。
首の太さは求めません(というか求めちゃダメだと思う)
我が家で24℃近辺ではどうしても頭部が小さくなるようなので
今までの感覚から温度を上げることに異論はなし。
注意点は交換タイミングの遅れでしょう。
9月10日近辺かなと考えてます。
3本目は躊躇せず12月頭。

KSPは2019年からカンタケ通し。
欲しい幼虫は1本目でオアシスよりも首が太いのが好ましいかなと。
理由はPP1400に入れる場合は少し幼虫が大きくなってないと培地に負けちゃう感じがするから。
温度はオアシスに合わせる為、カンタケPP800がそれでどんな性能を見せるかお手並み拝見です。
この手の培地はオアシス以上に分解好適温度を高めで外した場合、腹ボテとか不全になりやすい感じはします。
キノコ菌が温度低めよりも高めで分解力低下が顕著であることと
そう言った温度帯では幼虫の活性が高まってることから
菌による分解が浅い生オガ培地を積極的に体内に取り入れるのがよくないのかな~と。
この辺りはカンタケ菌が評判通りに少しくらいの温度でもしっかり分解してるか否かで分かれそうです。
KSPの交換タイミングも9月12月でいきたいと考えてます。


とりあえずは9月頭には上手くいってそうか否かはわかると思いますが
それまでは上手くいってるつもりで頑張ってみます。
スポンサーサイト

2019年久留米組み合わせ寸評

2019確定版
2019年ブリードも早いことでペアリングが始まってしまいました。
秋から冬にかけて散々、思いにふけっていても
この時期になったらやらなくてはいけませんので迷ってはいられませんね。

そう言う事で組み合わせ確定です。

19-1・・・・・・17-9(88)×17-4(58)
今現在、自身が持つ久留米において最高戦力同士の組み合わせ。
将来性についても松15-59や松15-19といった好ラインを迎え入れるキャパシティーを
持ち合わすだろうと確信する要のライン。

19-2・・・・・・17-9(88)×17-4(54)
19-1の予備ラインといえる存在。
19年ブリードはこの組み合わせにかけるという意気込みの表れです。
黒王さんの13MK1のように歴史を変える組み合わせにしたいという思いが込められてます。

19-3・・・・・・17-9(88)×松17-1(55)
松15-59戦力化ラインの一つ。
鬼門とされる?松13-16背景と松15-59背景の組み合わせ。
19年の組み合わせで最も好みのカッコいい形状が出そうな予感。

19-4・・・・・・17-9(88)×松17-33(54)
背景的には体重をガッツリ乗せる系に見えるものの
虫を見るとスッキリとした形状になるんじゃないかなと。
松13-16の再来を期待してるらしい。


19-5・・・・・・17-4(88)×17-10(56)
17年ブリードで何となく大きくなっちゃうな~というライン同士の組み合わせ。
ただし、この♂と♀は大きくなるべくして大きくなった個体だと思ってます。
松11-8のような高いアベレージ、次世代の底上げを狙うライン。

19-6・・・・・・17-4(88)×17-9(54)
この組み合わせは冒険。
しかし自分のところのブリードはこの組み合わせのほうが当たる傾向?
やってみないと分からない組み合わせ。

19-7・・・・・・17-4(88)×松17-1(55)
19年ブリードにおける松15-59戦力化の筆頭にして
松15-51系と松15-59系の相性確認ライン。
胆の部分は松15-51と松17-1に流れる松13-10の86の血。

19-8・・・・・・17-4(88)×松17-4(55)
補強♀の中で、最重要ライン。
松11-23の再来なるか?
ブリード経過、完品羽化能力、サイズ全てにおいて高い水準を求める。


19-9・・・・・・松17-1(87)×17-4(55)
松15-59×松15-51をやってたらどうなったであろう?
その問いを確かめるライン。
♀の雰囲気的には松17-1の♂につけるラインの中では一番期待。

19-10・・・・・・松17-1(87)×17-9(56)
スリムな個体同士の組み合わせ。
19-3とは組み合わせ逆ですが顔つきの違う虫を狙ってます。
松15-59背景と松13-16背景の組み合わせをアプローチを変えてでも成果を追求するライン。

19-11・・・・・・松17-1(87)×17-10(55)
松15-59背景と松15-8背景というちょっと異質な組み合わせ。
「この組み合わせをやっておけば良かった」と「このラインはやっておいて良かった」は紙一重。
多分、松15-8の血の強さが見れるラインになると思ってる。

19-12・・・・・・松17-1(87)×松17-2(55)
15-16の血を入れないラインその1
どうしても松15-59背景と松13-16背景をモノにしたいらしい。
アプローチ的には19-10とほぼ同じ。

19-13・・・・・・松17-1(87)×松17-8(56)
15-16の血を入れないラインその2
19年ブリードにおいて、19-1の対となるライン。
最も早期♀を仕込みたいライン。

19-14・・・・・・松17-1(87)×松17-72(53)
15-16の血を入れないラインその3
ジョーカー枠。
同時期にまめたんさんもこの組み合わせの魔力に魅せられたという……


19-15・・・・・・17-11(87)×17-4(56)
下位ラインの位置づけではあるが
虫の雰囲気的には19-1を食ってしまうかもしれない素質を感じるライン。
自分の虫選びの中では王道的なチョイスをしたと思ってるライン。

19-16・・・・・・17-11(87)×17-5(56)
19-4とは別アプローチの松13-16の再来を狙うライン。
かなり単純な背景構成。
ゴチャゴチャ考えるより見たまんまの良い感じの虫使おう的な意図。

19-17・・・・・・17-11(87)×松17-7(56)
スッキリとした♂と胴長の♀の組み合わせ。
松17-7は幼虫補強からの羽化個体であるが
この個体はちょっと別格感があり、次世代に受け継いだら面白いと思っている。


19-18・・・・・・17-4(87)×17-11(55)
15-16以来、得意?のガッチリとした♂とシャープな♀の組み合わせ。
高度な趣味ライン。
似たような組み合わせの19-6よりは自信があるらしい。

19-19・・・・・・17-4(87)×松17-8(55)
19-8と競合ライン。
形状的にはこちらを期待している。


19-20・・・・・・17-14(87)×17-4(54)
もっとでかくなりそうな雰囲気があった♂に
粒ぞろいのラインの♀の組み合わせ。
♀が少し迫力不足か。

19-21・・・・・・17-14(87)×17-22(56)
深いことを考えずに見たまんまデカくて素質ありそうなヤツを組み合わせたライン。
貴重な松13-12背景のライン。


19-22・・・・・・17-10(86)×17-1(56)
深いこと考えずに見た目の良い虫をややこしい背景で組んでみたライン。
松15-8、松13-19、松13-14という希少プレミアムラインで構成されている。
松13-19、松13-14は蘇ってほしい。

19-23・・・・・・17-10(86)×17-6(56)
完品羽化能力向上ライン。
下位ラインの中では戦略的な組み合わせ。
ただし、食が細いかもしれない。



要所は2重3重に固めたつもりです。
次世代を自己ブリで補完する難しさ、補強個体の戦力化の難しさ、
この辺りを深く考えています。

2019年初更新

2019年初更新です。

今日から20代最後の1年。
平成に生まれ、平成最後の年が20代最後の年。

これまでを軽く振り返ってみます。
(赤字は時事ネタやら象徴する出来事)

小学4年の9歳の夏に芝川の現タケノコ王の店へ見に行って
40mmくらいのペアを手にしたのがオオクワガタとの初ランデブー。
当時の価格や価値観でいえば、ここで今に続く病気を発症。
※当時はまだ80mm1000万の記憶が新しい頃。外国産はまだあまり多くない。

中学に上がり1年の12歳の夏、静岡のリトル・ファーブルにて
オオクワガタとの再会。
※輸入解禁ラッシュ。それを紹介する方向性がマッチした雑誌全盛時代。

翌年、初めて師匠と言える人との出会い。
富士宮のTOP GUNへ連れてもらった。
※HP全盛時代。なんといってもビッダーズ

既にネット上では同年代で精力的に活躍する方がいる中で
完全に日陰者の10代を消化。
※この頃くらいから衰退する大手、休刊する雑誌、更新停滞するHPが増え始める。

そして20歳の夏、人生を狂わす変える運命的な出会い。
何を思い出したか高校以来久々にふらりTOP GUNへ行ってみると
ウワサで聞いたことがある虫がいた。
ビギナー~自称中級者が目指せ70mmから75mmになってきた頃に
大型血統として頭角を現したあの久留米産とやらの虫の実物だ。
実物を見て、病気が再発する。
その数日後、気が付いたらマツノインセクトに電話をかけていた……

翌2011年、マツノインセクト訪問記をネット上で見て現地へ行くことを決意。
これまで決して燃えることが無かった情熱が爆轟となる。
※現在まで続く大型ブーム、能勢YGの台頭が象徴的。

2016年、BE-KUWAに載せてもらえるということで中野へ。
2017年、BE-KUWAのオオクワガタ美形コンテストで再び誌面に。
※SNS、雑誌掲載イベントの普及。旧来の派閥的なものが薄れ、グローバル化へ。



移り気なのがお約束な業界だからこそ
流行り廃りに揺るがない価値観と自信を身につけることが
これからの課題となるでしょう。

20代最後の目標?
とりあえずブリードを重い通りに進めること。

レコードは30代中の目標にします。

良い年でした

2018年も大勢の方にお世話になりました。
まずは感謝です。


今年1年を振り返ります。

チョネさんのブログによりますと2月にオフ会で品川。
この頃はお酒をよく飲んでいた為精神が非常に安定していた。

4月、産卵木の皮剥き130本以上と産卵セット40セットを組み
時間があるときはビン洗いで、やつれ始める。

5月、産卵セットが15セット程全然ダメでさらにやつれる。この月の羽化は良かった。
マツノ・浜松オフ会。Taku KAWARAさんのブリードルーム訪問。

6月、1本目投入の日程が酷すぎるのと羽化不全が増えだしてやつれる。

7~8月、夏バテ。
清水オフ会。静岡勢をブリ部屋に招く。
ストーブリーグは完勝と言える補強が出来た。

9月、2本目交換の酷い日程と仕事の激化により酒が飲めず
精神的に非常に不安定になる。10月に入るとTwitterを辞めようとした。

10月末、ヒマになってきたため復活。
忙しかった間、食事量が増えたため体重が戻り、やつれが治る。

11月、ビン・ケース洗い強化月間。

12月、3本目交換。年末の交換は毎年日程が良くないが
今年一年、日程の悪さに非常に鍛えられ精強化した為やりきった。



今年は静岡勢(まめたんさん、めんTさん、Taku KAWARAさん、Hakurinさん)の誕生ともいえる1年。
若いギラギラブリーダーが来年は波風をガンガン立てるでしょう。
皆さん、強欲な壺みたいな顔して補強。そうこなくっちゃです。


来年は平成が終わり新元号。
自身も20代最後の年。
昭和のオジサンたちに昭和の愛着があるように
平成生まれにも平成の愛着がある。
何かやらなくちゃと何年か前から漠然と考えていましたが
やっぱり漠然とガムシャラにブリードして
新元号・30代の門出としたいです。

幼虫を迷子にするかもしれないのは「飼育」

「ワンダリング」という言葉

ブリード用語では
餌交換後の落ち着くまでの様を指すようだけど
本来の意味としては「さまよう」とか「あてもなく歩き回る」

自分はしっくりこない。

ブリーダーごとに
「新しい餌の環境把握のため」
「培地を崩して、糞をして、環境作りをしている」
といった意見も聞くが
自分も概ね同意見。

パリーやクルビを飼育した時にも思ったことで
3本目以降の交換の鬼門さ。
これは従来の習性と異なる餌の状態の変化に幼虫がついて行けず
求める環境と真逆を提供し続けることで起こる暴れ。
底を即座に諦め、蓋さえなければ出てってやるって勢いで上部を攻めまくる。
この場合は「さまよう」と言える。

早期♀を仕込む際に高温がきつすぎると起こる上部に上がってくる現象。
これは環境が過酷なことが原因。

上記2例は酸欠として扱われそうな案件ではあるが
対策や対応が酸欠対策とは違ったアプローチで効いてると思う。

交換後にビン底に居座る現象。
通称「体力切れ」
幼虫の老けすぎ、交換の前後で培地環境の差が激しい、といった事が原因。
損傷といった不具合のある幼虫も陥りやすい。

環境が変われば体力を使うという考えですので
変化の幅が大きいほど体力を使うという考えとなる。
交換先の環境が新品であるならば
交換前の状態もなるべく近い状態にしたほうが理想的だと思う。


派手に食い上がらせた培地環境と
丁寧に食わせたきれいな培地環境。
どちらが交換先の新品に近いか?
栄養量が落ちてこなれやすくなった餌で黄色くなった幼虫と
まだいける餌の中にいる若い幼虫。
どちらが体力あるのか?

幼虫を迷子にするかもしれないのは「飼育」に対して
幼虫が進むべき道を用意するのが「ブリード」というのが今回の記事の締め。
カウンター
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
何故、オオクワガタはこんなにも
面白いのであろう。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: