いよいよ盛り上がってまいりました

また1ヶ月ぶりの更新です。

18年ブリードのほうは産卵が15-16の88のラインが全滅。
15-16の87は6ライン中3ライン。

産んでるラインは普通に産んでますので
苦戦という感じはしませんでした。
全体的に産みが悪いほうが苦戦してる感ありますね。

孵化も順調ですのでスタートは問題なく切ります。
今年はオアシス攻略の為に準備はしておいてます。
28~30gくらいで2本目に行ければ良いので
ウチの管理で25℃程度でもそのくらいまでいくような調整です。
それプラスに交換タイミングを合わせて欲しい体重にしておこうかと思います。


17年ブリードのほうは、羽化ラッシュです。
今年の羽化は一味違います。
DSCN2473.jpg
17-4の41.6gから。

DSCN2470.jpg
17-7の45.4gから。


まだ羽化ラッシュは始まったばかりですが、KSP組が手応えあります。
絶対3本返しでいくんだと試行錯誤しました。

大きい幼虫を羽化させても
中堅クラスと羽化サイズは大差ないのが切ないですね。
6月に入れば大きいのが出ると思っておきます。
スポンサーサイト

今年もブリード繁忙期へ

すっかりとブログを放置してます。

18年ブリードはペアリングが終わり見えました。
今年は1♀やられちゃった以外は順調です。
5月頭に産卵セットを組む予定で
6月頭にオアシスM、その後にKSPへ投入していきます。
オアシスは9月半ば、KSPは3ヶ月経過したくらいで2本目交換の予定。
オアシス基準で27~30g程度に持っていけば良いと思ってますが
オアシスでそれならKSPなら32~3gにはなると思います。
温度は高めにはしませんが、3齢になってペースが上がり始めるのを8月に持ってきたいイメージ。
9月入ってからグーンと食い上げてくれば欲しい幼虫はなってると信じて今年はやってみたいですね。
2本目は温度に関しては23℃くらいで攻めたいと思ってます。
12月に40gを量産するにはこうなっていれば良いというイメージはあるだけにあとはやれるかです。

17年ブリードは1月中旬から20℃の冬温度にした後
3月頭に昇温開始(23℃)して同月中旬にMAX温度24.5℃。
湿度は加湿器4台体制で50%を切らない程度に給水。
KSPについてはカンタケもヒラタケも一緒のイメージで管理。
4月上旬には蛹室を作り始める個体が現れ
中旬から一気に作り始めました。
昇温後の挙動はオアシスは例年通り、KSPはおおむね良好と判断してます。
この差についてはオアシスは12月に欲しい幼虫に出来てれば一味違ったのではないかと思います。
オアシスを使いこなせなかった時点でポテンシャルを引き出す点については詰んでます。
対策はもうそんな単純なことでは無さそうですが18年ブリードでやりたいようにやってみます。

蛹化する個体も出始めたようで
まだペースは上がらないと思いますが
5月入ってから蛹化ラッシュが入ると思います。
羽化は5月下旬以降からの予定です。
17年ブリードは初めてPPでそこそこ手応えありますので少し楽しみです。
40g陣から出るか、38~9g陣が逆転するか、37g以下が躍り出るか。

2018年(平成30年)の組み合わせ(確定)

2週間前の組み合わせ予定(仮)を確定版にしました。
もう変更は無いでしょう。

18年組み合わせ

結局、40ラインを予定。
仮から変更した点で注目は6番と40番はマツノ11-1、5、8の固め打ちライン。
特に6番はエースラインに指定。

2018年(平成30年)の組み合わせ(仮)

2018年(平成30年)の組み合わせ(仮)です。
非常に見にくいですが、問い合わせの多くなる過去の組み合わせも添付。

18年組み合わせ(仮)

今年も冬温度

今年も早いものでもう1月中旬。

17年ブリードの3本目交換は♂♀ともに全部完了。
♀は早期で仕込んだの以外は久々に全頭、3本返しですので疲れました。

♂のオアシスは自分がヘボだったので大きくできませんでしたが
♀は今までで一番良い手応えです。
♂に関しては1本目が微妙だとか2本目のL瓶が悪かったとか、そういう問題では無いですね。

18年ブリードは16年ブリードと17年ブリードのマズかった点を省みて
イメージ的には精度の高い15年ブリードのイメージで行きたいと思ってます。


早期♀については全頭羽化しました。
最大で50mmです。
最小は42mmくらいじゃないかな~。
一応使おうと思ってるのは46~50mmくらいのから。
サイズは全然関係ないと思うので、小さいやつでもどうしようかともう少し悩んでみます。

18年組み合わせについては
早期♀ラインを多く使ってトータルで35~40くらいペアリングする予定。
4月から始めれば良いと思ってます。
ちなみに今年は越冬管理らしい越冬管理はしてません。
今も普通にゼリー食ってます。


さて、ブリードルームも降温しました。
今年は一発降温で23℃から20℃に下げました。
キノコさえ生えなければダラダラ上げ下げする必要は無いと思うので
男は度胸で空調の設定をピンポイントでセットします。
後はひたすら加湿器に水をやるくらいです。
昇温は2月下旬か3月頭のどっちか。
多分一気に23℃に上げると思います。
MAXで25℃ちょっといかないくらいで良いかなと思ってます。
もう17年ブリードについてはやる事だけやって観察して終わらす予定です。
カウンター
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
何故、オオクワガタはこんなにも
面白いのであろう。

Twitter始めました
不慣れですので、失態ありだと思いますが宜しくお願いします。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: