FC2ブログ

2018年(平成30年)の組み合わせ(仮)

2018年(平成30年)の組み合わせ(仮)です。
非常に見にくいですが、問い合わせの多くなる過去の組み合わせも添付。

18年組み合わせ(仮)

スポンサーサイト

今年も冬温度

今年も早いものでもう1月中旬。

17年ブリードの3本目交換は♂♀ともに全部完了。
♀は早期で仕込んだの以外は久々に全頭、3本返しですので疲れました。

♂のオアシスは自分がヘボだったので大きくできませんでしたが
♀は今までで一番良い手応えです。
♂に関しては1本目が微妙だとか2本目のL瓶が悪かったとか、そういう問題では無いですね。

18年ブリードは16年ブリードと17年ブリードのマズかった点を省みて
イメージ的には精度の高い15年ブリードのイメージで行きたいと思ってます。


早期♀については全頭羽化しました。
最大で50mmです。
最小は42mmくらいじゃないかな~。
一応使おうと思ってるのは46~50mmくらいのから。
サイズは全然関係ないと思うので、小さいやつでもどうしようかともう少し悩んでみます。

18年組み合わせについては
早期♀ラインを多く使ってトータルで35~40くらいペアリングする予定。
4月から始めれば良いと思ってます。
ちなみに今年は越冬管理らしい越冬管理はしてません。
今も普通にゼリー食ってます。


さて、ブリードルームも降温しました。
今年は一発降温で23℃から20℃に下げました。
キノコさえ生えなければダラダラ上げ下げする必要は無いと思うので
男は度胸で空調の設定をピンポイントでセットします。
後はひたすら加湿器に水をやるくらいです。
昇温は2月下旬か3月頭のどっちか。
多分一気に23℃に上げると思います。
MAXで25℃ちょっといかないくらいで良いかなと思ってます。
もう17年ブリードについてはやる事だけやって観察して終わらす予定です。

謹賀新年

1999年に初めてオオクワガタを購入してから
早いもので20年になろうとしました。
小学4年生の頃ですので、今思ってもあり得ないガキでしたね。
確か44mmのペアを4400円でした。
アレは確か、その年の秋に死なせた。

その後、2002年に再び中一で千葉産65mmペアを購入。
当時は75mmが憧れで70mmもまだ一つのハードルだった頃。
すぐに欲しくなって70mmペアを購入したなあ。

2003年頃に師匠にブリードのイロハを教わるも
高校進学後は数が増えてもモチベーションが上がらず。
学生時代はHP全盛のネット情報で耳年増になる一方であった。

就職後はあまりやる気がない中でお遊びで色んな種に手を出してみる傍ら
設備投資に打ち込み、そんな折に2009年にTOP GUNさんで久留米の80~82mmクラスを目の当たりにする。
あそこで少し考え方が変わり、久留米の登竜門マツノインセクトへ……

2011年から2013年頃はネットで耳年増な自分を激しく恥じて
猛烈に採集したり標本を作ってみたりして、知らない世界をなるべく知る努力をしてみた。

2014年のブリードくらいから分からないことを自分で知ろうという風になってきて
ここでようやくブリードらしくなってきたように思う。


今年は2018年。
この数年で分からなかったこともひとつずつ分かってきて
今年も宿題があります。

目下の課題はオアシスをもう少しうまく運用すること。
総合面で判断しなければいけませんがイメージは出来ています。
2018年はオアシスとPPを統合的に運用する為の一年と位置付けてます。
全ては戦力が揃いきると思う2019年ブリードの為です。



最後に、挨拶はあまり得意ではありませんが
今年もよろしくお願いしたいと思ってます。
昨年以前よりもお世話になった方々、今年からお世話になる方含め
今後も大勢の方に刺激的なオオクワガタの話題を提供できるブログでありたいと思ってます。
カウンター
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
何故、オオクワガタはこんなにも
面白いのであろう。

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: