FC2ブログ

2019年ブリード反省

反省というより言い訳で。

今回は不全を出し過ぎました。
サイズもイマイチ。

オアシスについては
1本目はもうちょっとじっくり食べさせれば良かったなあと。
2020年ブリードが始まってますが今回も現時点で既にそう思う感じ。
若齢でも雑な食い方して加齢すると余計に雑になるし
交換しても2本目への食いつなぎが悪くなるような気がする。
2本目は食痕出し過ぎた。
原因は温度高過ぎ。
それと投入穴を大きくしたのが効いた。
もっと菌糸の栄養を吸わせるような食わせ方させないと幼虫もでかくならないよなあと。
3本目は2本目を食わせることをイメージしていたので
意図的に早く交換して3本目に連続性を持たせようとしたけど
交換後、激しく動いて安定させられなかった。
早め交換、大きめの投入穴、少し高めの温度
この辺の要素が複合したのが原因だと思う。
最後の大暴れも安定できなかったことが原因。
3本返し出来ないシナリオを実践しちゃったなあと。

サイズに繋がらなった理由は1本目と2本目の食い方。
不全の山を築いた原因は2本目以降の高温と間違った管理。


KSPについては
1本目はイヤに肩のほうに居座って半分より下が手つかずなのが気になった。
「あー、これは良くないなー」って幼虫が多かった。
2本目は高温の影響でボトル上部に上がってきてしまった。
「食いあがったんすか?スゲーっすね」ってやつじゃなくて一直線にタイベック食い破って蓋齧るやつ。
交換後1ヶ月で半分くらいダメにしてしまった。
3本目はオアシス同様の考えで早め交換、投入穴大で行ったのですが
カンタケのほうがデリケートかほぼ全て暴れてしまい蛹室作りどころではなくなってしまった。
かつてないほどの失敗。

順調に脱落幼虫を増やし続けたKSP。
まともに育てるところから考え直さなくちゃいけないなと。
今年は1本目は下のほうから食わせたいので投入位置を深くしました(効果は確認できている模様)
温度についてはオアシスとKSP、ともに下げた方が良いだろうという手応えで一致。
蛹室作りはもっと良い菌糸の状態で迎えるよう調整で。


2019年は「このくらいはいける」が全然いけなかった1年でした。
2020年も1本目投入から2ヶ月程度経過してますが、今回は慎重に丁寧にやらなくちゃなと。
スポンサーサイト



カウンター
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
何故、オオクワガタはこんなにも
面白いのであろう。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: