FC2ブログ

羽化話

幼虫のヨボヨボ具合

ヨボヨボ
↑スイッチ入らない
↑羽パカに繋がる蛹室の形状がイマイチ(幅広扁平)
↑翅が汚い(シワ、水泡、ふくらみ)
正常


では、自分のとこ

・KSP
数字の良い幼虫の1/3はスイッチ入らず。
半面で早くスイッチが入るのも多くサイズに反映されず。
完全にブリードが失敗してる。
遅く昇温すれば良いという問題では無いと思う。
1本目を早く換えていた方がずっと良かったように思う。

老けた幼虫を若返らすのは不可能(老いは一方通行)
特に1本目のあるタイミング以降と2本目以降の高温は老いが進む。
1本目のあるタイミング以降も引っ張れば体重乗るから良い気がするけど
上半身にならない体重の増え方の気がしてならない。

・オアシス
幼虫時代に感じた頭部の小ささに反して
上半身の発達は悪くない。
しかし、1本目の成長不順が2本目でも引きずる形となり
引きずって2本目に馴染めなかった個体ほど翅の不全の度合いが酷く感じる。

理屈はKSPの失敗と一緒。
成長が不順ということは老けるしかない。
老けるしかない幼虫を太らせるのは
イメージ的には成長期が終わってから太らせるような感じ。
羽化と言う最大級の仕事をしなくちゃいけないのに
適正BMI的なのを外したメタボ幼虫は耐えれない。



あと、交換時の糞の感じ。
硬く締まった小さい糞より緩いほうが良い。
胃腸の元気さの証かなと。
老いた幼虫程、捻り出す感じで小粒に。
幼虫を取り巻く菌が元気で、幼虫自体が整腸されてるほど
居食いし省エネで体力を温存できるように思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こないだは、ありがとう

先日は、菌糸の状態など情報教えてくてれありがとう^ ^
また情報交換などよろしくです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今年の試み

19ブリードでUSAKUWAさんの里子を菌糸プリカのまま下駄箱上段に3週間(26℃前後)で放置してしまい、やってしまったなと思っていたのですが、これが予想以上に僕の中では感触の良い成長でした。

そんなことから、老いは一方通行ですが、初令〜2令初期の期間はある程度温度が高くても大丈夫なのかと思いました。

通常管理でこの期間の温度を高くしてしまうと一本目後半の菌糸の熟れ具合が芳しくなくなる気もするので、プリカでやり過ごし一本目投入してから24.5度位に落として一本目を85日〜90日で管理しようと思っています。

初令だと〜2令初期ではボディサイズも小さく、消化能力も低いと思いますのである程度の温度があったほうがいじけずに健全な成長をしてくれるんじゃないかとの予測です。

今期はすべてこの管理で試してみます。
カウンター
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
何故、オオクワガタはこんなにも
面白いのであろう。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: