FC2ブログ

15年ブリード羽化報告第5弾

17番から86mmの羽化報告です。

DSCN1247[1]

これは大きいけど翅がダメなサナギだと思ってましたが
羽化しちゃいました。

経過はラベルにて。
DSCN1252[1]

我が家の2015年ブリードとしてはまあまあな経過です。
種親背景は、マツノ13-13(83.0mm)×マツノ13-9(53.0mm)。
本当に種♂には良い仕事してもらいました。
アゴの出来に関しては♂親ですね、やっぱり。

個体の全体画像はこちら。
DSCN1250[1]

この個体は歪ですが、羽化後に死亡してしまった2番手の85.5mmは本当に良い個体でした。
17番はライン含めて好調でしたし、手持ちの虫で組み合わせもしやすいラインですので
最大個体の86mmは種親確定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
何故、オオクワガタはこんなにも
面白いのであろう。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: