3本目交換再開

HSが届いたので3本目交換再開しました。

結果でいうと、全然ダメですね。
40g越えゼロです。
今年は35g超え率も下がります。

去年は1本目が弱いとしか言いようがない出来で
2本目以降も微妙だったんですが
今年は決して弱い感じはなかったんですがね~……
菌自体が弱いんじゃなくて、菌に対して厳しすぎる要素が強いのかな~。
オガとか含水量とか添加剤とか。
菌糸屋さんからしたら「添加剤少ないの選べばいーじゃん!」だと思います。
……でも、そうじゃ無いんだよ~というのが本音ですね。

菌床に対する愚痴はこのくらいにしておきますか。
これまでも(数年来)これからも(少なくても向こう数年)お付き合いをよろしくお願いしたいですので。


まあ、今年は自分自身も駄目だったなあと。
体重見る限り、40ライン以上やっといて組み合わせで失敗してるのは間違いないです。
来年は良いとして、問題は再来年です。
問題を解決するのは、来年の補強ではないと断言しておきます。

ブリード自体が失敗してるのは言うまでも無く。
艶があんまり無い幼虫なんて、良い状態な訳無いと相場が決まってます。
35gくらいでも、まとめてタコ飼いしたときに出るような頭でっかちな艶消し幼虫が出てますね。
もう不幸の化身みたいなの(泣きたくなります)
これに関しては良い環境を与えられない管理サイドの責任です。
温度・湿度も2本目見直ししようかと思います。
温度は2本目交換時25℃付近、湿度もザックリ55%で風量は少し弱める方向で。
これは、どう転んでもそっち側には振れないだろうという菌床に対する対策です。
劣化しない菌床を、3ヶ月で劣化させる手法……(と言ったらちょっと違うかな)
PP1400を攻略できなければ、次に進めません。


毎年、この時期くらいからその年の実績をもとに翌年の対策を練りますが
どうしても、ティーバッティング的な対策です。
もっと活きた球を打てるようなイメージが欲しいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
何故、オオクワガタはこんなにも
面白いのであろう。

Twitter始めました
不慣れですので、失態ありだと思いますが宜しくお願いします。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: